[PR]

 新型コロナウイルスに感染し、死亡した80代女性の入院先だった相模原市中央区の相模原中央病院で、新たに入院患者2人の感染が確認された。市が19日発表した。この病院では、死亡した女性の病室を担当していた看護師1人の感染も判明している。

 市によると、新たに感染が確認された2人は、80代男性と、同室の70代男性。

 80代男性は6日に入院し、17日に肺炎と診断。18日に検査で陽性とわかった。入院前は自宅療養しており、外出はほとんどしていないという。

 死亡した女性はこの病院に1日に入院し、6日に神奈川県内の別の医療機関に転院。その約2時間後に80代男性が同じフロアの別の病室(4人部屋)に入ったという。