[PR]

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で利用者19人を殺害し、職員を含む26人に重軽傷を負わせたとして、殺人などの罪に問われた元職員植松聖(さとし)被告(30)の第16回公判が19日、横浜地裁(青沼潔裁判長)であり、結審した。植松被告は最終意見陳述で「どんな判決でも控訴しません。裁判はとても疲れて負の感情が生まれます」などと述べた。

 植松被告は黒いスーツ姿で出廷。証言台の席に座り、まっすぐ前を向き、はっきりとした声で「寝たきりなら楽ですが、手に負えない障害児もいる」「この裁判の本当の争点は、(世の中の人が)自分が意思疎通をとれなくなった時を考えることだ」などと数分間、自説を述べた。

 弁護側は事実関係を争っておらず、最終弁論では植松被告が事件当時、大麻精神病などで心神喪失か心神耗弱状態だったとして、無罪か減刑を改めて主張した。

 裁判では被告の事件当時の刑事責任能力の有無や程度が最大の争点となっている。検察側は死刑を求刑しており、3月16日の判決では裁判員がどのように判断するのか注目される。

 これまでの公判で、植松被告の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら