拡大する写真・図版公式練習で試合会場のピッチに立つ神戸のイニエスタ=18日、韓国・水原市

[PR]

 韓国のサッカーファンが、Jクラブの訪問を熱烈に歓迎している。19日、韓国・水原で行われるACL(アジア・チャンピオンズリーグ)1次リーグG組の第2戦。水原―神戸のチケットの売れ行きが好調だ。神戸が擁する世界的な「スーパースター」の存在が大きい。元スペイン代表のMFイニエスタだ。

 現地メディアなどによると、イニエスタが韓国で試合をするのは、バルセロナ時代の2004年以来。チケットはすでに1万5千~2万枚が売れたという。水原が2年前にACLに出場した際の本拠での観客数は、多いときでも1万人ほど。

 神戸がジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)を本拠に迎えた12日の初戦の観客数が7256人だったことからも、今回の試合の注目度の高さがうかがえる。水原の関係者は「まさに『イニエスタ効果』。盛り上がることは間違いない」とうれしい悲鳴を上げている。

 18日にあった公式会見で、神…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら