[PR]

 明治安田生命J1は21日に開幕。東京五輪・パラリンピックを控えてスポーツへの関心が高まるなか、特に注目を集めるのが開幕直後の2月26日に53歳になる三浦知良だ。Jリーグの発足より先にブラジルでキャリアをスタートさせた現役最年長選手は、プロ35年目の舞台を静かに迎えようとしている。

 所属する横浜FCが13年ぶりのJ1昇格を決めたあと、カズは12月、1月と恒例のグアムでの自主トレを行った。例年通り1月11日にはクラブとの契約更新を発表。和歌山と宮崎でチームのキャンプを重ねた。

 左でん部を痛め、すべてが順調とはいえない。それでも「古傷は一つではないし、選手ならみんな持っているもの」と淡々と話す。

 自身にとっても13年ぶりのJ1への高ぶりがないわけではない。「日本のトップリーグであり、特別な場所」

昨季、「記録としての価値は、J2の70歳よりもJ1の40歳の方がある」と記者に口にしていたカズ。J1への渇望を語りました。

 J2で過ごす間、出場するだけ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く