拡大する写真・図版マイナス25度のアイスサウナ内に設置された水風呂に入る男性=2020年2月14日午後3時1分、名古屋市中区栄のウェルビー栄店、佐々木洋輔撮影

[PR]

 ゆっくり温泉にでもつかりたい季節だが、名古屋ではマイナス25度のアイスサウナに設置された水風呂が人気だという。日本一冷たいとされる水風呂を求めて、全国の「サウナー」(サウナ愛好家)たちが集っているらしい。訪ねてみた。

 「ボーー」

 分厚い冷凍庫の密閉扉を開け、室内に入ると業務用冷凍庫の冷気音が響く。気温マイナス25度の約3畳の部屋。眼下に水風呂がある。水風呂に下りる木製の手すりにはつらら。壁のトナカイの毛皮やシラカバの枝など、北欧風の飾りつけには、びっしりと氷が張り付いている。

拡大する写真・図版マイナス25度のアイスサウナ内に設置された水風呂=2020年2月14日午後3時1分、名古屋市中区栄のウェルビー栄店、佐々木洋輔撮影

 ここは名古屋の男性専用サウナ、ウェルビー栄店(名古屋市中区栄3丁目)のアイスサウナ室だ。マイナス25度の室内で冷やされた水風呂は3~8度。水風呂が最も心地よいと感じられる水温は約17度と言われる。それをはるかに下回る冷たさだ。冷気が当たる水面はおよそ0度。うっすらと氷が張っていた。

 「あー、あー、あー。ヤバイわ、これ。もはや笑える」

拡大する写真・図版マイナス25度のアイスサウナ内に設置された水風呂=2020年2月14日午後3時1分、名古屋市中区栄のウェルビー栄店、佐々木洋輔撮影

 水風呂に10秒ほどつかって出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら