[PR]

 NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」で、5月中旬から放送予定の「越前編」に登場する新たな出演者が発表された。越前(福井県)を支配する戦国大名の朝倉義景役をユースケ・サンタマリアが務めるほか、光秀のいとこ明智左馬助(秀満)を間宮祥太朗、関白近衛前久(さきひさ)を本郷奏多、織田信長の家臣柴田勝家を安藤政信がそれぞれ演じる。

 今後のドラマでは、長谷川博己演じる主人公の明智光秀が、主君斎藤道三とその子高政(義龍)の争いの間に立って美濃(岐阜県)を出奔し、越前へ。その前に、義景が立ちはだかり、のらりくらりとけむに巻いていく。

 発表会見で本郷が「(演じる前久は)非常に偉い地位。そうそうたるみなさんが僕に対して頭を下げてくれるのはさぞ気持ちいいだろうなと楽しみにしている」と冗談めかすと、ユースケ・サンタマリアも「上から光秀にずっと言うシーンばっかりで、長谷川君が苦虫かみつぶしたような顔で僕の言うこと何でも聞くんですよ。確かに気持ちいいよ」と笑わせた。

 長谷川は「(越前編で)光秀は美濃を追われ、耐え忍ぶ所にきている。個性の強い方々とこれからどんどん作品自体も心理戦という形になっていく。明智を明智光秀たらしめたのは何かというのを、きっとこのあたりからお見せしていけると思う」と語った。

 制作統括の落合将チーフ・プロデューサーは「ひとくせもふたくせもあるキャラクターばかりで、ここで起こる化学反応が楽しみ」と話した。

 そのほか徳川家康の祖母にあたる源応尼を真野響子、門脇麦演じるヒロインの駒に丸薬の作り方を教えて運命を変えることになる老人、芳仁をベンガルが演じることも発表された。(黒田健朗)