[PR]

 昨年6月に生後3カ月の長女を殺害したとして殺人罪に問われた新潟県長岡市の市職員、伊藤法子被告(32)の裁判員裁判の判決公判が19日、新潟地裁であり、山崎威裁判長は懲役3年執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡した。

 判決によると、伊藤被告は昨年6月12日、長女を自宅2階から約3・5メートル下の階段上り口に3回ほど落とし、殺害した。被告は事件の約1カ月前、心療内科で重度の産後うつと診断され、事件当時は心神耗弱状態だった。

 判決は、長女を階段の上から繰り返し落とした点について「危険で執拗(しつよう)」と非難した一方、犯行は衝動的で計画性は認められないとした。被告が供述した「長女を泣きやませるためだった」という殺害理由については、「一見身勝手だが、その背後にはうつ病が大きく影響していて強く非難はできない」と情状面を考慮した。

 判決を言い渡した後、山崎裁判長は「(長女が)生まれてきた意味を考え、冥福を祈ってあげてほしい。被告が立ち直ってくれることが裁判官、裁判員の願いです」と被告に語りかけた。被告は判決言い渡しの途中からすすり泣き、裁判長の話に聴き入っていた。(中村建太)