[PR]

 気象庁は19日、昨年10月の台風19号を「令和元年東日本台風」と命名したと発表した。台風への命名は1977年の「沖永良部台風」以来、43年ぶり。千葉県を中心に大規模停電が起きた昨年9月の台風15号は「令和元年房総半島台風」と名付けた。

 同庁は顕著な災害をもたらした自然現象では、後世に経験や教訓を伝えるために命名することにしている。台風に関しては「損壊家屋1千棟以上」「浸水家屋1万棟以上」「相当の人的被害」を基準に命名している。19号は浸水家屋数や損壊家屋数、15号は損壊家屋数が基準を上回ったという。

 関田康雄長官は同日の会見で、19号については「非常に広い範囲で、中小河川も含めて洪水があった。めったにない現象」、15号は「暴風で長時間、停電が続き社会的な支障が出た」と命名の理由を説明した。