[PR]

 和歌山県は19日、大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で医療活動に従事し、新型コロナウイルスの感染が確認された30代の男性看護師が、帰任時に利用した新幹線の座席などについて公表した。

 県によると、看護師は他の2人とともに災害派遣医療チーム(DMAT)として派遣され、13~15日に診療補助などに携わった。3人は帰任する際、新幹線を利用。15日午後3時29分に新横浜駅を発車し、同午後5時37分に新大阪駅に到着した「のぞみ43号」の6号車16番のA、B、Cの席に並んで座った。看護師は通路側のC席に座った。マスクを着用し、発熱など症状はなかった。検査の結果、残る2人は陰性だった。

 会見した仁坂吉伸知事は「隣の人や近くにいた人が注意しないといけないため」とした。(山本孝興)