[PR]

 25日から始まる国公立大の2次試験の前期日程をめぐり、新型コロナウイルス感染者への大学の対応が分かれている。追試など特別な措置をしない大学もあれば、大学入試センター試験の成績などで合否を決めるケースも。感染の広がりによっては、今後も対応が変わる可能性もある。

 東京大は13日、ホームページで受験生向けに「罹患(りかん)者は本学の入学試験を受験できない」との方針を示した。試験当日はマスクの持参・着用をすることも呼びかけている。感染した受験生の追試は予定していないが、広報担当者は「今後の状況をみながら必要があれば対応を考える」と話す。

 大阪大や京都大、名古屋大も同様に追試は予定していないという。名古屋大はホームページで「罹患し治癒していない方は他の受験生への感染のおそれがあるため、受験をご遠慮いただく」と説明している。

 一方、佐賀大は、感染と診断された受験生について個別試験をせず、センター試験の成績と調査書の内容で合否を決めるという。担当者は「進学機会の確保を図る観点から、特例措置をとることにした」と話す。

 追試も検討したが、医学部の教…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら