[PR]

 大好きだった母は、私を産む前にどんな日々を過ごしていたのだろうか――。第29回林忠彦賞に選ばれた現代美術家、笠木絵津子さん(67)=千葉市=の写真集「私の知らない母」は、「空白の時代」を埋める長い旅を経て誕生した異色のフォトコラージュだ。

 「このシリーズは、母の死をきっかけに自分の存在を探る旅として始まるが、アジアの歴史に翻弄(ほんろう)される家族の物語として終わる」。写真集の「あとがき」で笠木さんはこう記した。

 母久子さんが亡くなったのは1998年。大切な人を失った喪失感に苦しむ日々が続いた。自分は彼女のことをどれだけ知っていたのだろう。母の話を聞こうと訪ねた伯母(おば)の家で、祖父が残した古いアルバムと出会う。100枚ほどの家族写真が貼られていた。

 新潟の寒村に生まれた祖父は東京高等師範学校を卒業。日本統治下の朝鮮へと渡り、教師として働いた。その官舎で母が生まれたのは1924年。2歳になると台湾へ移り、旧満州で敗戦を迎えた。

 パソコン上で、モノクロ写真の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら