[PR]

 自民党の岸田文雄政調会長は19日、母校・私立開成高校(東京都)を卒業した国会議員や官僚らでつくる同窓会「永霞会」に出席した。開催は2017年9月の設立総会以来で、会長を務める岸田氏にとっては「ポスト安倍」に向けた協力者づくりの意味合いもある。

 同窓会は都内のホテルで開かれ、出席者によると、安倍晋三首相側近の北村滋・国家安全保障局長が首相のメッセージを代読したという。国会議員のほか武藤敏郎・元財務次官ら高級官僚も多数出席した。

 会には同校出身の国会議員や官僚約600人が所属する。現職局長の一人は「岸田氏にとって『自分にはこれだけ仲間がいる』というアピールになる」と話す。(西村圭史)