【動画】森友学園事件で籠池夫妻に判決 心境語る妻の諄子被告=遠藤真梨撮影
[PR]

 「黄金の 夫婦(めおと)道中 日本晴」と法廷で心境を詠み上げていた森友学園前理事長の籠池泰典被告(67)と妻諄子被告(63)に対する判決は、夫が実刑、妻が執行猶予と判断が分かれた。泰典被告は控訴する意向で、裁判は続く見通しだ。捜査は被告が言う「国策」だったのか。一連の問題は社会に何を問いかけるのか。

拡大する写真・図版手を握り合って判決の言い渡しを聞く籠池泰典被告(右)と諄子被告=2020年2月19日、大阪地裁、絵・岩崎絵里

 大阪地裁の201号法廷。証言台の前に並んで座った2人は、判決主文を聞くと、裁判長に深々と頭を下げた。その後は「お父さんの手が冷たかった」(諄子被告)と、手をつないで判決理由を聞いた。

 判決後に報道陣の取材に応じた諄子被告によると、退廷する泰典被告に、諄子被告が「絶対頑張ろう」と声をかけると、泰典被告は「うん、うん」とうなずいたという。判決を受け、保釈されていた泰典被告は大阪拘置所に収容され、弁護側は地裁に改めて保釈を申請した。

名誉校長の昭恵氏に「当時尊敬の念」

拡大する写真・図版開廷後、隣に座る弁護士の腕にすがりつく籠池諄子被告(右端)と、その様子を見る泰典被告(左端)=2020年2月19日、大阪地裁、絵・岩崎絵里

 泰典被告の被告人質問や自著な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら