[PR]

 東京パラリンピック出場をめざす中央アジア・キルギスのパワーリフティングチームが19日、事前合宿を予定している山梨県山梨市を訪れた。

 山に囲まれ、果樹栽培が盛んなことなど共通点が多く、設備も整っているとして先月15日に事前合宿地の覚書を締結していた。

 世界大会メダリストのアディレット・カムチュベコフ選手(27)、将来有望なアジズベック・ドブラノフ選手(14)らが来日。市庁舎前でキルギス国旗を手にした市職員の出迎えを受け、アディレット選手は「自分の村にいるよう」と笑顔をみせた。

 市はホストタウンへの登録を申請中で、高木晴雄市長は「スポーツに限らず交流を進めていきたい」と話した。選手らは23日まで市内に滞在。小学生との交流などが予定されている。(永沼仁)