[PR]

 新型コロナウイルスによる肺炎が国内でも広がる中、福岡市営地下鉄七隈線で、マスクをせずに乗客がせきをしていたのを見た別の乗客が走行中に非常通報ボタンを押し、列車の運行が遅れていたことがわかった。

 市交通局によると、18日午後8時ごろ、天神南発橋本行きの列車内で非常通報ボタンが押され、「マスクをせずに、せきをしている人がいる」と係員に連絡があった。列車は最寄りの別府駅で停車。列車は3分遅れたが、他の列車への影響はなかった。

 市交通局の担当者は「乗客同士のもめ事で非常通報ボタンが押されることはあるが、こういう事例は聞いたことがない。新型肺炎の件で過敏になっているのだろう」と話していた。