[PR]

 福岡市は20日、同市在住の60代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。九州で感染が確認されたのは初めて。

 福岡市によると、男性は現在、発熱、肺炎などの症状があり入院中。最近は中国を含め海外渡航歴はないという。

 13日に37・5度の発熱があり、福岡市内の医療機関を受診。自宅療養を指示された。

 19日にも発熱が続くためこの医療機関を再度受診したところ、X線で肺に陰影が認められたため、医療機関から保健所への相談を通じて、感染症指定医療機関に入院した。20日未明に遺伝子検査の結果が陽性であることが判明したという。