[PR]

 菅義偉官房長官は20日午前の記者会見で、新型コロナウイルスの集団感染が起きた大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号への政府の対応が国内外から批判されている点について、「隔離は有効に行われてきている」と述べ、対応は適切だったとの見方を改めて示した。19日の政府対策本部の専門家会議で「徐々に発症者が減少し、現在はほぼ発生がないという状況まで確認された」ことを理由に挙げた。

 また、政府の感染対策のあり方を批判する動画を公開していた岩田健太郎・神戸大教授が動画を削除したことへの政府の関与について問われ、「関与していない」と述べた。

 岩田氏が船内に入った経緯については「災害派遣医療チームのメンバーとして活動していただくことで船内に入っていただいたが、離れて別の形で動かれた。適切でないとのことで下船をお願いした」と説明した。