[PR]

 自民党の細田博之・元官房長官は20日、自身が率いる細田派の会合でのあいさつで、新型コロナウイルスによる集団感染が起きた大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号について、「大変な白船がやってきた」と述べた。江戸時代に来航した米国ペリー艦隊の「黒船」になぞらえた表現で脅威の意を示したとみられる。

 細田氏はあいさつで「昨今はダイヤモンド・プリンセス号という大変な白船がやってきた」と発言。そのうえで、政府の感染対策に疑念が浮上していることを念頭に、「色々なことを言う人がいるし責任論とかあるが、そうではない」と政府を擁護し、「医療関係者、疫学関係者、政府関係者の責任もった対応を期待する」と述べた。

 細田氏は会合後、記者団に発言の妥当性を問われると、「クルーズ船は予想外だったが最適の解を見つけるしかない。ベストを尽くすことが大事で、それに期待しようという話だ」と説明した。