[PR]

 大阪府の吉村洋文知事は20日、新型コロナウイルスの集団感染が起きた大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号に乗っていた府民について、独自に14日間の経過観察を行う考えを示した。自宅待機を求めて保健所が1日最低1回、熱や体の状況を確認する。強制ではなく任意で行う。

 クルーズ船では、潜伏期間を踏まえた14日間の健康観察期間が19日で終わり、ウイルス検査で感染が確認されず、症状のない乗客の下船が始まっている。政府は乗客に、下船後2週間は不要不急の外出を控えてもらい、保健所などから定期的に連絡し健康状態を確認することを求めているが、府は厚生労働省から府民の乗客のデータ提供を受けて独自の対応を上乗せするという。

 吉村知事は記者団に「検査から下船までのタイムラグがあり感染の可能性はある。外国のような新たな隔離は無理だと思うが、少なくとも各自治体がケアしていくことが重要だ」と話した。

 米疾病対策センター(CDC)は下船したすべての乗員乗客について、少なくとも14日間は米国への渡航を認めないと発表している。