[PR]

 大阪都構想が実現する場合、いまの大阪市内に新しい自治体「北区」と「中央区」ができることに同じ名前の東京都の自治体が反発していることに対して、大阪府の吉村洋文知事は20日、記者団に「問題はない」との考えを示した。「北と中央は方角を表す一般名称で、長く使われている。引き続き大阪で使う方向に変更はない」とした。

 自治体の名称をめぐっては旧自治省が1970年、新しく市になる自治体の名称は既存の自治体と同じか似たものにならないように配慮を求める通知をしている。朝日新聞の取材に東京都北区は「基礎自治体としての北区は本区だけ。東京都北区には住みたい街ランキングで急上昇している赤羽や、大河ドラマで取り上げられる渋沢栄一の史料館もある。大阪には再考を願う」とした。

 同中央区は「同一の名称の使用は行政を進める上でさまざまな問題や混乱が生じる。今でも千葉市中央区と間違えて問い合わせがあったり、郵便物が間違って届いたりすることもある。規模が大きな同名の自治体が出来ると間違いが増える可能性があるため、できるだけ避けていただきたい」としている。(高橋大作)