[PR]

 米ブルームバーグ通信は19日、中国海南省政府が航空事業を主とする複合企業、海航集団を公的管理下に置く協議を進めていると報じた。同社は過去の積極的な投資が裏目に出て巨額の債務を抱えており、新型コロナウイルスの感染拡大による航空便の運航停止が追い打ちをかける形で経営難に陥っている。

 同通信は20日にも発表があると報じた。航空事業の資産は主に中国国際、中国南方、中国東方の3大国有航空会社に売られる方向という。報道通りならば、新型肺炎の感染拡大で影響を受けた企業を中国当局が救済する大胆な措置となる。

 海航はドイツ銀行や米ホテル大手ヒルトンの大株主になるなど大胆な投資を繰り広げた結果、2019年中間期の時点で7100億元(約11兆円)と巨額の借金を抱えていた。

 中国政府は海航が借金を返せな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら