はやぶさ2、次の小惑星到達は10年後? JAXA検討

有料記事はやぶさ2

石倉徹也
[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日、小惑星探査機「はやぶさ2」の地球帰還に向けたイオンエンジンの前半の噴射が予定通り終わったと発表した。5月に後半の噴射を始め、11~12月に小惑星の石や砂が入ったカプセルを地球に送り届ける。はやぶさ2はその後、軌道を変えて別の小惑星に向かう予定だ。関係者によると、2030年ごろ到着できる数十の小惑星を候補に検討しているという。

 発表では、はやぶさ2は昨年11月に小惑星「リュウグウ」を出発してからイオンエンジンで加速し、現在、帰路の5分の1ほどを終えた。昨年から断続的に続いていた噴射が20日に終了し、久保田孝教授は会見で「イオンエンジンも機体も順調。予定通りの軌道を飛行している」と話した。

 はやぶさ2は今後、5月から再びイオンエンジンを噴射し、さらに加速しながら地球に近づく。カプセルを豪州上空に向けて放出するのは11~12月の予定だ。

 はやぶさ2はその後、どこに向かうのか。

 JAXAがその目標となる小…

この記事は有料記事です。残り1357文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
はやぶさ2探査、50億キロの挑戦 生命の起源探る試み

はやぶさ2探査、50億キロの挑戦 生命の起源探る試み

6年50億キロの旅を続ける探査機はやぶさ2の挑戦をまとめました。[記事一覧へ]