[PR]

 北海道七飯町の60代の男性町議が新型コロナウイルスに感染していることが分かった。町議は、道が19日に公表した4例目の感染者で、職業は伏せられていた。この町議は症状が出た後も、町議会や外部の会議に出席していた。中宮安一町長を含む48人が濃厚接触者だといい、保健所が追跡調査を進めている。七飯町は20日、庁舎を消毒した。

 道や町によると、男性は今月3日に微熱や咽頭(いんとう)痛の症状が出た。7日に医療機関を受診し、改善しないことから、13日にふたたび同じ医療機関を訪ねたところ、X線検査で両肺に肺炎があることが分かった。19日に感染の事実が確定した。容体は安定しており、食事や会話はできるという。

 町議は1月下旬に視察のため静岡県浜松市や名古屋市を訪れていたという。2月3日に症状が出た後も、10日には町議会の特別委員会に、17日には函館湾流域下水道事務組合議会に出席したという。この組合議会には、函館市長や北斗市長らも出席していた。

 感染報告を受けた町は20日、庁舎全館を消毒したほか、消防車などで町民に感染予防などを促した。町議会は、開会予定日を3月2日から9日へと延期した。

 鈴木直道知事の情報公開や危機管理に対する姿勢に、疑問の声も出ている。

 知事は19日に4例目を公表したとき、「七飯町議」という職業を伏せていた。「渡島総合振興局管内の60代男性」とだけ説明し、職業については「本人が非公表を希望している」として明かさなかった。

 ところが、七飯町が20日、独…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら