[PR]

 県は20日、総額5609億円となる2020年度の一般会計当初予算案を発表した。知事選があった19年度の6月補正後予算より336億円(6・4%)増加し、02年度以降で最高額となった。19年度の一般会計2月補正予算案108億円とあわせて26日開会の県議会に提出する。

 歳出では県道路公社の解散に伴う清算金収入の一部(253億円)を将来の事業のための地域・経済活性化基金に積み立てた。県債管理基金から150億円を繰り入れ、国が本来交付すべき財源を補うために発行する臨時財政対策債の返済に充てた。これらが総額を押し上げた。県財政課の担当者は「財政健全化を進めるため」と説明する。

 このほか非正規公務員の新しい制度「会計年度任用職員」の開始などで、人件費が15億円(1・1%)増加。後期高齢者の医療関係費の増加や幼児教育の無償化などで社会保障関係経費も32億円増加した。

 インフラの整備では大和川の治…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース