【動画】アントニオ猪木さんの喜寿を祝う会が開かれ、猪木さんらは「1、2、3、ダー」を披露=松田光撮影
[PR]

 「燃える闘魂」衰え知らず――。プロレスファンだけでなく絶大な人気を誇る元プロレスラーで、参議院議員としても活動したアントニオ猪木さんの喜寿を祝う会が77歳の誕生日の20日、都内のホテルで行われた。

 長州力さん、天龍源一郎さんらプロレス関係者や芸能人を始め、約300人が集まった祝う会。会場は冒頭から、さながらプロレスの試合会場だった。テレビ朝日「ワールドプロレスリング」の中継で名をはせた古舘伊知郎さんのアナウンス、テーマ曲「炎のファイター」が響く中、猪木さんが登場した。

 おなじみの「元気ですか」のあいさつからスタート。猪木さんは「77歳と紹介されましたが、そんなになっていたかな。きょうからまた新しいスタート」と健在ぶりを示した。

 2018年に北朝鮮を訪問した際には、車椅子に乗って空港に現れたが、この日の猪木さんは開演前には会場の入り口で立って来場者を迎えるなど、復活ぶりをアピール。動画投稿サイト・ユーチューブに自らの公式チャンネル「最後の闘魂」を開設したことも発表した。

 祝福に訪れたプロレス界の後輩、天龍さん、長州さん、藤波辰爾さんと檀上に上がった猪木さんは4人で「1、2、3、ダー」を披露。最後は長州さんに「闘魂ビンタ」をくらわし、会場を沸かせた。