[PR]

 世界最大級の女子マラソン大会である「名古屋ウィメンズマラソン」(3月8日)が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、一般参加の部が中止となった。走れなくなった約2万4千人の一般ランナーのため、実行委員会がひねり出した窮余の一策が、スマートフォンを利用する「オンラインマラソン」の実施だ。

 耳慣れないオンラインマラソンという言葉。前例はあるのか――。実行委の担当者は「日本で実績があるかは存じ上げない。これまでに行われた何かを参考にしたわけではないんですよ」と言う。国内の大規模なマラソン大会では初めての試みになるとみられる。

 実行委によると、参加者に専用アプリをスマホへダウンロードしてもらい、GPS機能で走った距離を測る。詳細は決まっていないが、コースは自由である一方、何日もかけて42・195キロを分けて完走するのは認めない方針だ。

 名古屋ウィメンズの人気の理由の一つが、完走者に贈られる高級ブランド「ティファニー」のオリジナルペンダントだ。毎年異なるデザインで、タキシード姿の男性が完走者に手渡す。

 今大会の一般の部の参加費用は事務手数料を含む1万4600円。中止に伴う返金はしないが、実行委によると、オンラインマラソンを完走すれば、ペンダントがもらえるという。

 ただ、ランナーは醍醐(だいご)味である沿道の声援なしに黙々と完走をめざすことになる。

 出場予定だった成尾郁子さん(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら