[PR]

 20日午前8時15分ごろ、東京都葛飾区南水元1丁目の2階建てアパートの一室から出火し、焼け跡から性別不明の遺体が見つかった。部屋には無職の中江滋樹さん(66)が1人で住んでいるが、連絡がとれていないという。「投資ジャーナル」グループの中江滋樹元会長の可能性もあり、警視庁は身元の確認を進める。

 警視庁などによると、火災に気がついた近隣住民が119番通報。約1時間後に消し止められたが、火元とみられる2階の部屋約25平方メートルが焼けた。住人の中江さんと中江元会長は氏名や年齢などが同じという。

 1980年代に「兜町の風雲児」と呼ばれた中江元会長は、一般投資家に株式投資を持ちかけて、巨額の金をだまし取ったとする「投資ジャーナル事件」で、85年に詐欺容疑で逮捕された。約18億3千万円をだまし取ったとする詐欺罪に問われ、89年に懲役6年の判決が確定した。