[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死したとされる事件で、傷害致死や暴行、強要など六つの罪に問われた父親の勇一郎被告(42)の裁判員裁判が21日、千葉地裁で始まった。勇一郎被告は「しつけの範囲を超えた行為を深く後悔しています。みーちゃん、本当にごめんなさい」と謝罪。傷害致死罪については「争いません」と話す一方、ほかの罪を含めた起訴内容を一部否認した。

 勇一郎被告は冒頭、「一つ申し上げてよろしいでしょうか。私の気持ちです」とことわったうえで「みーちゃんの未来の姿を見るのが楽しみだったけれども、謝ることしかできません。決して許されることではなく、心から反省しています」と語った。

 罪状認否で勇一郎被告は、傷害致死罪の起訴内容について「娘を飢餓状態にしたり、強度のストレスを与えたりして衰弱させても構わないと考えたことは一度もない。妻に指示して、食事を与えなかったこともありません」と一部を否認した。

 検察側の冒頭陳述などによると、勇一郎被告は2018年12月30日~19年1月3日ごろ、自宅で心愛さんの両腕をつかんで引きずり、体を引っ張り上げた後に、腕を離して床に打ちつけるなど暴行。顔の打撲や胸の骨を折るけがを負わせたとされる。1月5日ごろには「立てよ。行けよ」と怖がらせ、首を振って嫌がる心愛さんを引っ張って、浴室や脱衣所に長時間立たせ続けたという。

 1月22~24日には食事を与えないまま長時間立たせ続け、十分な睡眠をとらせなかったとされる。24日午後1時ごろは浴室で「5秒以内に服を脱げ。5、4、3、2、1」と言って冷たい水を繰り返し浴びせたという。

 夜には寝室に入ろうとすると「なんでいるの。ちょっと来い」と言って、浴室で冷水を浴びせ続けるなど暴行。飢えや強いストレスを与え、ショックもしくは致死性不整脈、溺水(できすい)で死亡させたとされる。

 弁護側は冒頭陳述で、六つの罪のうち、心愛さんの頭を殴るなどしたとされる暴行罪については無罪を主張。ほかの起訴内容は行為や経緯を一部否認した。

 心愛さんの母親(33)は、虐…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら