写真・図版

[PR]

 国内でも感染確認が相次ぐ新型コロナウイルス。始まりは「普通の風邪と変わらない症状」とされ、政府は感染拡大を防ぐため、むやみに医療機関に行かず、自宅で様子を見るように呼びかけている。しかし、実際には、同居する家族にうつらないかなど不安が募る。専門機関に相談するまでの数日間をどう乗り切ればいいのか、特に高齢者ら「ハイリスク者」がいる場合の注意点について専門家に聞いた。

 政府の専門家会議は17日、風邪の症状が見られた場合は学校や会社を休み、37.5度以上の熱が4日以上続いた場合、専門の相談センターなどに相談するとする「受診の目安」を発表した。この段階では、他人からうつされないためにも他人にうつさないためにも病院に行く必要はない。ただし、強いだるさがある場合や息苦しさがある場合は、4日を待たずに帰国者・接触者相談センターに相談する、と整理した。

 ということは、風邪の症状が出た場合、少なくとも最初の3日は自宅で過ごすことになる。

 感染症に詳しい高山義浩医師に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら