[PR]

 新型コロナウイルスの集団感染が起きた大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の乗客の下船が21日もあった。症状がなくウイルス検査で陰性で、陽性の人との濃厚接触者を除く乗客が対象。下船は夕方にも終了見込み。この日の対象者は約450人という。

 乗客はバスで主要駅に向かい、公共交通機関で帰宅する。19日から続く下船の対象は、せきや発熱がなくウイルス検査で陰性だった乗客。20日までに717人が下船した。下船した人は、不要不急の外出を2週間避け、毎日体温を測るなど健康状態の確認が求められる。症状が出た場合には、下船者専用の連絡先に電話やメールで相談する。

 一方、ウイルス検査で陽性だった人と同じ部屋だったなどの濃厚接触者は、健康観察期間が延長され、下船の対象とならない。また、乗員の下船については船会社と調整中のため未定という。(姫野直行)