[PR]

 北海道は21日、北海道中富良野町立中富良野小学校の10歳未満と10代の男子児童の2人が新型コロナウイルスに感染していることが分かったと発表した。2人は兄弟という。これとは別に、千歳市在住の40代の検疫官の女性の感染も明らかにした。10歳未満の感染が分かったのは国内で初めて。北海道の感染者判明は計8例となった。

 道によると、10歳未満の男児は15日に発熱の症状がでて、この日から学校を休んでいた。同日と17日に医療機関を受診した。18日には別の医療機関を受診し、19日に入院した。

 10代の男児は18日に発熱し、学校を早退した。19日に医療機関を受診し、そのまま入院した。2人は回復に向かっているという。

 3人は最近の海外渡航歴はなく、北海道は感染経路などを調べている。(戸谷明裕)