[PR]

シンギュラリティーにっぽん

 ネットは誰もが発信できる環境を生み出し、世の中に出回る情報量は急増した。それは便利さとともに、偽の情報に踊らされるリスクをも高める。真偽を見分ける力を身につけるにはどうすればいいのか。教育の場で模索が始まった。(宮地ゆう)

シンギュラリティー:人工知能(AI)が人間を超えるまで技術が進むタイミング。技術的特異点と訳される。そこから派生して、社会が加速度的な変化を遂げるときにもこの言葉が使われ始めている。

 スクリーンに新聞記事の切り抜きが映し出された。「特定菓子贈与禁止法案可決」という見出しが躍る。バレンタインデーなどにお菓子を贈ることなどを禁止する法案が可決されたという内容だ。

 「記事は本物でしょうか。判断の根拠も発表してください」

拡大する写真・図版本物の記事かどうかネットを使って調べる生徒たち=川崎市の法政二中

 法政大学第二中学校(川崎市)で1月下旬、2年生約30人が出席してこんな授業が開かれた。

 生徒たちは、情報教育を研究し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら