【動画】プロゴルファー・鈴木愛選手のパットの「技」とは?=長島一浩、諫山卓弥撮影
[PR]

技―WAZA―

 ヘッドを真っすぐに引き、真っすぐ打つのがパターのセオリー。鈴木愛(25)は違う。

 体の内側に引いてから球をとらえ、右斜め前に押し出す。「インサイドアウト」と呼ばれるフォームだ。

 「しっかり球をつかまえて打つので、真っすぐ打つと左に出てしまう。右に押し出すと、ちょうどいい真っすぐの回転で進む」。カップ周辺の芝は多くの選手に踏まれ、荒れている。「順回転であればあるほど、最後に切れない。カップの縁にけられることも少ない」。独特の軌道が力強さを生む。

拡大する写真・図版東京五輪での活躍を期す鈴木愛=長島一浩撮影

 それは、ゴルフと出あった小学5年からの癖だ。当時のコーチはあえて直さず個性を生かしてくれた。「長所を伸ばしてもらえた」。運にも恵まれた。

 通算16勝を誇るパットの名手。うまさを示す指標の一つ、平均パット数(パーオンホール)は2016、18、19年とトップだ。昨季は7勝を挙げて、2年ぶりに賞金女王(1億6018万円)に返り咲いた。

 技術は練習に裏打ちされている。原点は、市販の2メートルのパターマット。小学生の頃から練習場に持ち込み、100球連続で入るまで打ち続けた。

拡大する写真・図版鈴木愛(右)と渋野日向子

■プロ野球選手と自主…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら