[PR]

 東京大学は21日、3月10日に予定している2020年度一般入試(前期日程)の合格発表について、本郷キャンパス内での掲示を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためという。

 合格発表は、大学のウェブサイトと携帯電話サイトのみで行う。同大は「新型コロナウイルスの感染が続いていることから、受験生をはじめ大勢の人が集まり感染を拡大させる恐れ(がある)」と説明する。

 3月8日に合格発表を予定している九州大学は「検討中」との立場だ。毎年、キャンパス内で合格者の受験番号を張り出し、学生や保護者を含め数百人が集まる。入試の担当者は「当然、状況に応じて考えていかないといけない。現時点ではやるともやらないとも言えない」と話す。

 一方、京都大学は、「いまのところ掲示の中止は検討していない」としている。(三島あずさ、山下知子)