[PR]

 サッカーJリーグの「鉄人」が、大記録に手をかけた。1月に40歳の誕生日を迎えた元日本代表、ガ大阪のMF遠藤保仁。23日のJ1開幕戦に出場し、元名古屋のGK楢崎正剛が持つJ1最多出場記録(631試合)に並んだ。今シーズン中に前人未到の領域に達するのは確実だ。

 「好きな時に好きなものを食べる。焼き肉を週7で食べろと言われれば、食べますよ」

 週に2試合もこなせば過密日程。そんなハードな競技のサッカーだが、国内では1年を通してほぼシーズン。アルコールを控える選手も目立つ中、「シーズン中はそんなにですけど、オフはバカほど飲みます。そこまでベロベロにはならないですけど」。記録更新がかかるシーズンを目前にしても、ひょうひょうとした語り口や、肩ひじ張らない姿勢は変わらない。

 J1は現行方式で年間34試合。単純計算でも、20年近くほぼすべての試合に出なければ、「630」という数字には届かない。事実、1998年に鹿児島実から横浜フに入団して以来、昨季まで開幕戦は22年連続出場。この年齢までフル稼働してきた。

 身長178センチ、体重75キロ。アスリートとしては、それほど大柄とはいえない。健康面で気をつけていることをたずねても、「何なんですかね。特別なこともしていないし、説明のしようがない。みなさんと一緒の生活をしていると思いますよ」とさらり言ってのける。

■自然体を貫いたか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら