[PR]

 群馬と長野を結ぶ国道18号沿いで、碓氷(うすい)峠を越える長距離トラックのドライバーやオートバイのライダーたちから長年愛された「越後屋食堂」(群馬県安中市松井田町横川)。昨年3月の火災で全焼したが、近くのテーマパーク「碓氷峠鉄道文化むら」で22日に営業を再開した。老夫婦が守ってきた看板メニューの「もつ煮」や「肉トーフ」の味が再び楽しめるようになる。

 火災があったのは昨年3月4日の昼過ぎ。火元は油が入ったフライパンだった。あっという間に建物全体に燃え広がり、焼け落ちた。店主の境谷進さん(88)と妻の一子さん(85)は「仕事が生きがいだった。頭の中が真っ白になった」と振り返る。

 食堂はもともと別の人が経営し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら