[PR]

 山梨県が選定した「山梨百名山」に続く100の山を日本山岳会山梨支部が選び、「甲斐百山」と命名して公表した。その魅力を記した冊子「甲斐百山」は昨年12月の刊行後すぐに在庫がなくなり、300部増刷して2月中旬から改めて販売を始めている。

 編集にあたった理事の矢崎茂男さん(北杜市立須玉小校長)によると、県内には地図に記されていたり名前がつけられたりしている山が550ほどある。その中から1997年に「山梨百名山」が選ばれると、「ほかにもいい山がある」と惜しむ声が上がり、選外の山から「甲斐百山」を選ぶことになった。

 選定作業は2009年に始まり、10年がかりで冊子刊行にこぎつけた。支部創立70周年記念企画となり、17人が執筆にあたった。

 富士山や北岳といった名だたる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら