[PR]

 新型コロナウイルスの感染が広がり、全国でさまざまなイベントが中止される中、広島カープは23日、今季の本拠試合のチケットを購入できる抽選券の配布を予定通り実施する。昨年は5万人以上のファンが詰めかけており、球団は感染防止対策を呼びかけている。

 球団によると、当日のスタッフにマスクと手袋の着用を義務づける。抽選券を配り、受け取った人の手の甲にスタンプを押す際も手袋を着けたまま対応する。

 訪れるファンには、くしゃみやせきをするときにマスクやハンカチなどで口や鼻を覆う「せきエチケット」を求め、周りとの距離をできれば2メートル以上空けるようにと呼びかけている。

 抽選券の配布は午前9時~午後4時、広島市南区のマツダスタジアムで。抽選で入場券を3月1日に窓口で買える1200人が決まる。配布開始前から行列ができた場合、早めに始めることも検討する。

 新型コロナウイルスの感染拡大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら