[PR]

 イタリア北部ロンバルディア州で21日、15人が新型コロナウイルスに感染したことが確認され、州の保健当局は感染した人が立ち寄った三つの町の住民約4万人に対し、自宅から外出しないよう呼びかけた。コンテ首相はパニックにならないよう呼びかけているが、地元では不安が広がっている。同国内では隣のベネト州でも2人の感染が確認され、このうち78歳の男性が死亡した。イタリア国内で同ウイルスによる死亡者が出たのは初めて。

 伊ANSA通信によると、1月下旬に中国からイタリアに帰国した知人と2月上旬に夕食を共にした38歳のイタリア人男性から新型コロナウイルスが検出された。男性の妻と友人も感染。さらに男性が住むロンバルディア州内で、医療関係者5人を含む計12人の感染が確認された。いずれも新型肺炎の発生後に中国に行ったことはなく、イタリア国内で感染したとみられるが、詳しい感染経路は分かっていない。

 ロンバルディア州の保健当局は、州内での感染の広がりを受けて、男性の自宅や勤務先などがある三つの町の住民に対し、感染予防のために自宅からの外出を控え、呼吸障害などの症状がある場合は救急車を呼ぶよう呼びかけた。男性が接触した可能性がある約250人については、病院などに隔離し、ウイルス検査を行うという。

 ロンバルディア州は、経済の中心都市ミラノがあるイタリア最大の州で、人口は約1千万人。(ローマ=河原田慎一)