写真・図版

[PR]

 南米ブラジルの保健省は21日、日本や韓国などからブラジルに入国する旅行者で発熱やせきなどの症状がある場合、新型コロナウイルスへの「感染疑い例」として扱うと発表した。重症の場合は、強制的に病院に隔離される。

 対象は、発熱などの症状のある中国、日本、韓国、北朝鮮、ベトナム、シンガポール、タイ、カンボジアの8カ国からの旅行者。ブラジルを含む中南米諸国ではまだ感染者は確認されていない。

 ブラジルでは21日からカーニバルが始まり、最大規模のリオデジャネイロでは国内外から200万人の観光客が見込まれている。(リオデジャネイロ=岡田玄)