[PR]

 俳優として、司会者として広くお茶の間に親しまれた高島忠夫が他界して8カ月。高島ファミリーの末っ子として世に出た息子の高嶋政伸は、可愛いがられる役どころから悪役へと転換し、大成した。俳優への道を作ってくれた父にいま何を思うのか。

 役者になったきっかけは、父への「土下座」だった。幼少期から容姿にコンプレックスがあり、役者でなく映画監督になるつもりだった。脚本を学び、大学のとき自主映画を作った。だが、その編集代の請求書が届き仰天する。280万円だった。

高嶋政伸さんが役者になったのは、父がきっかけでした。その父が唯一言っていた「役者の哲学」は台詞の丸暗記だそうです。

 「色んなバイトを探しました。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら