[PR]

 加藤勝信厚生労働相は22日、新型コロナウイルス感染に対する治療に、新型インフルエンザ薬として政府が備蓄している「アビガン」(一般名ファビピラビル)が使えるか、検討する方針を明らかにした。数日内に必要な手続きを行い、効果を確かめる臨床研究を始めるという。

 アビガンは富士フイルム富山化学製。タミフルなど既存の抗インフルエンザ薬が効かない新型インフルエンザが流行し、政府が判断した場合のみ使えるという条件で2014年に承認され、備蓄されている。妊婦が使うと胎児に副作用が出る恐れがあるため、妊婦には使えない。エボラ出血熱に対する効果も期待され、実際に投与もされたが、承認にはいたっていない。

 新型コロナウイルスにはまだ治療薬がない。世界保健機関(WHO)は、抗HIV薬や、エボラ出血熱の治療薬として開発された抗ウイルス薬の効果について臨床研究を進めており、3週間程度で結果がでるとしている。国内でも、抗HIV薬などが使えないか研究が始まっている。