• アピタル

加速した日本のマスク依存 脅威が去っても、し続ける?

有料記事新型コロナウイルス

聞き手・藤田さつき 聞き手・諏訪和仁 聞き手・稲垣直人
[PR]

 新型コロナウイルスの影響で、マスク姿の人が目立つ。もともと日本には、花粉症予防などでマスクをつける人も多い。今回の騒動で加速した「マスク依存社会」の先には、何が待ち受けるのか。

元気な人、つける必要ない 久住英二さん(内科医

医師・久住英二さん

1973年生まれ。専門は血液内科。医療弱者が受診しやすいよう駅ビルにナビタスクリニックを開設。感染症にも詳しい。

 日本では「予防策」のためのマスク着用が、2009年の新型インフルエンザ流行や花粉症対策などで広まりました。新型コロナウイルスの感染拡大で、いまや公共の場でマスクをつけていないと逆に注目され、「非常識」と思われてしまいそうです。

 しかし通常のマスクには、感染症から身を守る効果はあまりありません。

 構造上どうしても隙間ができるし、直径30マイクロメートルの花粉の侵入は防げても、0・1マイクロメートルの新型コロナウイルスは通してしまいます。気密性が非常に高い「N95マスク」もそうです。そもそもN95マスクは息苦しく、長時間の着用は厳しい代物です。

 またウイルスは鼻、口だけでなく目からも入ります。マスクをしていてもゴーグルをつけなくては、「頭隠して尻隠さず」となります。

 つまり、マスクは予防策では…

この記事は有料記事です。残り3005文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]