写真・図版

[PR]

 熊本県内で新たに2人、新型コロナウイルスの感染者が確認された。県と熊本市が22日、発表した。このうち1人は、県内で初めて感染が確認された20代の女性看護師と同居する50代の父親=熊本市。もう1人は御船保健所管内に住む60代の男性。いずれも入院中で容体は安定している。県内で確認された感染者は計3人になった。

 熊本市によると、看護師の父親は20日にせきの症状が出て21日に医療機関を受診。ウイルスの検査で陽性だった。海外渡航歴などはわかっていない。

 市は感染者の最近の行動について調査を進めており、看護師については、16日に熊本市で開催された熊本城マラソンの際に、二の丸広場のゴール地点付近で勤務先の同僚6人と一緒に応援し、その後別の同僚5人と食事をしていたことが新たにわかった。このうち1人に発熱症状があり、22日午後に検査をするという。勤務先の熊本託麻台リハビリテーション病院(同市中央区)は22日、安全が確認されるまで外来診療を休診すると明らかにした。入院患者への面会も中止するとしている。

 また、熊本県によると、60代の男性は、15日にだるさなどの症状が出て19日に受診。38・6度の熱があり風邪薬を処方されたが改善せず、21日に胸部X線で肺炎が確認され、検査で陽性だった。今月2~10日、北海道を訪れてさっぽろ雪まつりを見物したり、友人4人と食事をしたりした。帰路は新千歳空港から福岡空港まで空路で移動し、高速バスなどで熊本へ戻った。海外渡航歴はないという。