[PR]

 2月の最終水曜日にピンク色の服や小物を身につけていじめ反対の意思を示す「ピンクシャツデー」が広がっている。きっかけは、ピンク色のシャツを着てからかわれ、いじめられた男子生徒を救った、カナダの学校での出来事だ。今年のピンクシャツデーは26日。(松尾由紀)

 濃淡さまざまなピンク色のパーカやTシャツ姿の生徒。ピンクの折り紙で作った風船を持つ生徒も。大阪YMCA国際専門学校高等課程(大阪市西区)で3日、「ピンクシャツデー」を通じていじめについて考える催しがあった。

 国内のYMCAは4年前からピンクシャツデーに取り組む。Tシャツを作ったり、動画を公開したりしていじめ反対を訴えてきた。

 同校も賛同してきたが、今年は…

この記事は有料会員記事です。残り1223文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1223文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1223文字有料会員になると続きをお読みいただけます。