[PR]

 伊賀鉄道・上野市(忍者市)駅の駅舎(三重県伊賀市)の耐震補強や屋根、壁の補修がほぼ終わった。記念の「忍者線あゆみ列車」が忍者の日(2月22日)に合わせて、伊賀線(忍者線)で運行を始めた。3月18日まで、運行区間を日によって変えながら走る。

 駅舎は1917年9月に完成し、公共交通の拠点や観光の主要玄関口として親しまれる。今回の一連の工事に伴い、以前の赤い屋根とクリーム色の壁をよみがえらせた。

 上野市駅であったあゆみ列車の出発式には、社員や市民有志らが参加。岡本栄市長は「みんなで忍者線、上野市駅を発展させていきたい」とあいさつした。

 列車は手作りのヘッドマークを…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら