[PR]

 11月の米大統領選に向けた民主党の候補者選びで、第3戦となる西部ネバダ州の党員集会が22日、あった。米メディアは、革新系のバーニー・サンダース上院議員(78)が勝利を確実にしたと報じた。ニューハンプシャー州予備選に続く連勝で、「最有力候補」の地位を固めつつある。

 最低賃金の大幅上昇や公的国民皆保険などを訴えるサンダース氏は22日夕、テキサス州で「我々は世代と人種を超えた連合を築き上げた。ネバダだけでなく全米を席巻する」と勝利宣言をした。CNNによると、集計率50%現在で代議員獲得率は46・6%で、ジョー・バイデン前副大統領(77)の19・2%や、ピート・ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長(38)の15・4%に大差をつけた。

 ニューハンプシャー州や、全米で最初に党員集会があったアイオワ州は人口の約9割が白人。これに対し、ネバダ州は3割が中南米出身者らヒスパニック系、1割が黒人とされ、全米の縮図により近い。党員集会参加者を対象にした米メディアの調査によると、サンダース氏がヒスパニック系有権者の約半数の支持を獲得。若者からも圧倒的に支持され、勝利した。

 民主党の候補者選びは29日のサウスカロライナ州予備選を経て、カリフォルニアやテキサスなど14州で予備選がある3月3日の「スーパーチューズデー」に進む。これらの州もマイノリティーが多く、サンダース氏が勢いを維持できれば、一気に抜け出す可能性がある。(ラスベガス=土佐茂生)