[PR]

 北海道は23日、新型コロナウイルスの感染者が新たに8人確認されたと発表した。20~80代の男女で、いずれも日本国籍。これで北海道内で確認された感染者は計26人となった。

千葉の感染者、新幹線利用

 千葉県は23日、県西部在住で東京都内に勤務する40代の男性会社員が肺炎と診断され、新型コロナウイルスへの感染を確認したと発表した。発症後に広島、岐阜両県を出張で訪れており、県は3都県の保健所と連携し、濃厚接触者の有無などを調べている。千葉県内の患者は11人目、患者を含む感染者は13人になる。

 県によると、男性は12日に電車で都内に出勤。レンタカーで移動して仕事を終えた後、東京駅から新幹線で広島へ。13日に広島から岐阜へ新幹線で移動し、14日に岐阜から新幹線などを利用して帰宅した。

 12日に関節痛や筋肉痛、14日からせきなどが出て、15、16両日は体調が悪く自宅で過ごした。17、18日に出勤し、18日に38・2度の熱が出て県内の診療所を受診。翌日に肺炎と診断され、21日に県内の感染症指定医療機関を受診して入院、22日に新型ウイルス陽性と確認された。

 男性は一人暮らしで、熱とせきの症状があるが重篤な状態ではない。発症前の2週間、海外への渡航歴はなく、感染者との明確な接触も確認されていないという。(寺崎省子)

愛知県内では計17人に

 名古屋市は23日、市内在住の70代の男女2人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。市によると、2人は、米ハワイから帰国後の15日に感染が確認された60代女性と同じ屋内施設を利用していたが、濃厚接触はしていないという。2人の容体は安定しているが、県内の医療機関に入院する予定。

 これにより愛知県内の感染者は計17人となった。