[PR]

 サッカーJ1ガンバ大阪のMF遠藤保仁(40)が23日、J1最多出場記録の631試合に並んだ。横浜市の日産スタジアムであったJ1開幕戦の横浜F・マリノス戦に先発出場し達成。元名古屋グランパスのGK楢崎正剛(43)が持つ記録とタイになった。遠藤の開幕戦での先発出場は21年連続となった。また、横浜フリューゲルスでプロデビューした1998年から23年連続での開幕戦出場も果たした。

 遠藤はなじみの背番号「7」のユニホームに身を包み、ガ大阪で20季目となるピッチに立った。前日、大阪を出発する際には、「正剛さん(楢崎)の記録に並べるのは非常に光栄」と語っていた。

 遠藤は国際Aマッチには152試合に出場しており、日本代表で歴代最多。