[PR]

 ネット銀行大手の住信SBIネット銀行で23日、システム障害が発生し、ATM(現金自動出入機)での現金引き出しや、ネットを通じた他行宛ての振り込みなどほぼ全ての取引が一時できなくなった。同社が利用する日本IBMのシステムの電源が何らかの理由で切れたことが原因という。複数の地方銀行でも同様のシステムトラブルが起きた。

 住信SBIネット銀行によると、同日午前10時ごろから午後5時ごろまでほぼ全ての取引ができなくなった。武蔵野銀行(さいたま市)でも午前9時半ごろから午後4時半ごろまで、ATMの取引やインターネットバンキングなどが利用できない状態が続き、キャッシュレス決済のチャージもできなくなった。広報担当者は「日本IBMのデータ障害に伴うものだと認識している」と話している。山口銀行や八十二銀行(長野)、筑波銀行(茨城)などでもトラブルが発生した。

 日本IBMによると、金融機関のサーバーを預かるデータセンターの電源に障害が起きた。原因は調査中だが、電源はすでに復旧したという。